カードローンでお金を借りる

  • 投稿日:
  • by

カードローンの審査は各銀行、会社によって異なりますが、主な審査基準として、・年齢(未成年者は保証人が必要)・勤務年数・職種・収入・信用性が挙げられます。

勤務年数が短かったり、安定した収入がなければお金を借りることはできません。カードローンを初めて利用する場合、申込みの時点で評価されます。

収入から貸出可能な金額を計算して、融資利用枠と、利率が決められます。また、過去にキャッシング歴のある場合、個人信用情報機関に照会され、・滞納はないか・予定日を過ぎても返済しなかった・いつ延滞を解消したかなど、過去の使用状況を確認します。

一般的に3か月以上の滞納で記録され、それは5年経過しないと消えません。このように信用情報に延滞記録がある場合、審査通過は厳しいようです。

審査の可否基準は会社独自のものなので、中には月収が不安定な人や、パート、アルバイトでもカードローンを利用できたり、信用性に落ち度があっても保証人がいれば審査に通過できたりします。

大手銀行系カードローンの審査基準は若干厳しく設定されているようですが、利息はとても低いです。キャッシング会社の場合、審査は通過しやすい場合もありますが、利息は非常に高いので、利息分だけでもかなりの負担になります。

しかし、いくら審査基準の低いキャッシング会社のカードローンとはいえ、やはり信用性に大きな落ち度がある場合は借入れすることができません。

カードローンを利用するなら、無理なく返済できる額を借入れし、信用性を無くさないためにも滞納や返済のし忘れがないようにしなければなりません。お金を借りたら約束通りに返済をして信用を積み重ねることが大事です。

子どもが海外の名門大学に合格したとして、最高の教育を受けさせるチャンスができたとしたら、どうやってその学費を面するか想像してみました。順位としては、まず一番最初にお金を貸してもらいたいと頼むのはやはり私の両親でしょうか。

可愛い孫のためなら何とかしてくれそうですし、やはり一番の身内ですから頼む方としてもかなり気が楽というメリットはあります。

そして親がだめなら、次は銀行ですね。銀行に教育ローンを組めるように頭を下げにいくと思います。ただ金利もそれなりにいので、まとまったお金を借りる場合、かなり返済が大変そうです。銀行で断られたら、その次は信販で、その次に消費者金融となります。

私としては銀行までがお金を借りる相手としては一番現実的ではありますが。

友人、知人は、正直自分の子どもの学費のお金を貸してほしいということは絶対にあり得ないと思っています。学費の借金を願いする相手では無いということはハッキリと感じますね。


銀行ローンにお世話になってます!

  • 投稿日:
  • by
どうしても欲しいものがあっても、お金を持ってないと買えません。それが高いものなら、なおさらのこと。

最近、どうしても車が欲しくなってしまいまして、今も乗ってる車もあるのですが、古いし、ダサいし・・・。もお金は持ってません!

悩んだあげく、銀行に相談をしてみました。

今の世の中、便利なものですね。『銀行カーローン』という、車を買う時専用の銀行ローンがあるのです。

これは使わないと、損、損。銀行ローンのおかげで欲しい車が買えました!

来月からの返済を頑張らないと!

教育資金のやりくりは銀行ローンで解決します!

教育資金が足りない!頃の子供がいればついて回る悩みです。そんなときの解決策のひとつとして、銀行ローンを考えてみるとよいしょう。

銀行ローンの教育ローンのなかには、期間限定でキャンペーンをていることもあります。期間中であれば、金利を引き下げてくれるサービスです。得な間に賢く利用したいものです。

また、変動金利や固定金利など希望に合った金利を選ぶことがきます。

気になったら店頭窓口で銀行ローンについて相談しましょう。

銀行カードローンを利用するということは、収入以上の出費があると私は考えるので、お金の使い道を見直した方がいいのかなと思います。
冠婚葬祭や家族の入院などで急にお金が必要になった時の利用は仕方がないと思います。

必要な時にすぐ利用できるのは便利です。
でも毎月の生活費が足りないとか娯楽費が足りないというならば問題だと思います。
借りた時はいいかも知れませんが、お金が無いのに金利とともに返済しなければならないのは大変です。

そうなると毎月借入と返済の繰り返しで、抜け出せなくなりそうです。
収入の範囲内で生活できるようにならないと、何かあった時の貯金もできないのも問題です。

カードローンとマイカーローンとの違いは、月々いくらまで払えるか見通しを立ててローンを組むので、好きな時に好きなだけ簡単に借りれるカードローンとは別なものと考えます。無理なローンは組みませんからね。
車も現金一括払いで買えると一番いいですけどね。

お金を借りる目的と返済計画の明確化

  • 投稿日:
  • by
私は銀行からお金を借りる事について、悪い事だとは思いません。しかし、借りるには明確な理由と返済計画が必ず必要だと思っています。

銀行でお金を借りる場合で多いのは住宅や車を購入する場合でないでしょうか。家や車を買うにはまとまった資金が必要です。

その資金は一般の人では何年では貯める事ができない金額がほとんどです。何十年とかかるでしょう。そんな時に先に銀行で借入をして、決まった年月で返済していくという事はとても計画性のある事だと思います。

実際、ほとんどの方はこのようにして家や車を購入するのが当たり前となっています。

しかし銀行のカードローンでお金を借りるというのはこれとは全く異なる性質だと思います。

一般的にカードローンを借りる人は目的がはっきりしているわけではなく、生活費や交際費で利用する事が多いでしょう。

さらにカードローンの悪い点は返済計画がないことです。毎月の返済額は決まっていますが、限度額の範囲内であれば何度でも借りる事ができてしまうのです。

お金を借りる時は必要な時に必要な額だけというのが大事だと思います。

大手銀行のローンなら安心感がある

  • 投稿日:
  • by
消費者金融からお金を借りるのは、抵抗があります。
その会社が設置する機械や窓口で手続きをすること自体、恥ずかしく思います。

でも大手銀行のローンなら、窓口へ相談に行くのも恥ずかしくないです。
私はみずほ銀行のカードローンを申し込み、使っています。
もともと銀行に口座を持っていたため、銀行に足を運ぶ必要もなく、すべて電話で済ませる事ができました。

銀行のローンは金利が高いのかもしれません。他と比べたことが無いので、よくわかりません。ごめんなさい。
でも、大手銀行のすることですから、法外な金額になることはないです。
やっぱり、信用できるし安心感が違います。
でも、借りたら返す義務があります。返せない時には銀行だってそれなりに「恐ろしい」取り立てがあるらしいですよ。
その辺は心して借りた方が良さそうです。

銀行からお金を借りるシチュエーションは、人によって違います。
でも、自分では用意できない金額を借りて、その後に時間をかけて分割で返済していくことは同じです。
住宅ローンは家を買うほとんどの方が利用しているのではないでしょうか。
便利に借りられて、上手に返済していけるのなら、銀行からお金を借りることは決して悪い事ではないと思います。


私は過去に100万円ほどお金を借りたことがあります。

それは、いわゆる消費者金融というかサラ金というやつで金利はかなり高かった記憶があります。

グレーゾーン金利がどうのと言われていた時期ですね。私はあまりそういう世界には疎かったので普通に返済していました。

すべて完済するまで結局5年ぐらいかかったでしょうか。

テレビでよく有名タレントを起用してやってるCMを見て、その当時はあまり偏見もなくサラ金を利用していたのですけども、今からあらためて考えれば銀行からお金を借りられたら良かったのになと地味に痛感しております。

それは当然金利の面でもそうですし、安心の面でも銀行はやっぱり良い意味でお役所のような真面目なイメージがあるからです。

ですから銀行からお金を借りることは私にとって理想です。私のように会社勤めではないフリーターのような不安定な職業の人間にも、そういった銀行さんから融資ができたら、他の融資会社と比べればそれに越したことはないと思っています。


どうしてもお金を借りる必要に迫られたら

  • 投稿日:
  • by
お金を借りるというのは、人に頼むのは少しばかり具合が良くないのです。
親しい間柄であっても頼みにくいことですし、金の貸し借りで関係が壊れるというのもよくある話です。
では、どうしても急にお金を借りなくてはならなくなったとしたら、用出来るのは消費者金融です。
現在、様々な消費者金融が営業をしていますが、レビなどでCMを出している消費者金融は大手銀行が母体なっているため、安心して借りることが出来ます。
逆に、よくわからない貸金業者は利用しない方が良いでしょう。

総量規制について少し考えてみよう!

  • 投稿日:
  • by
総量規制(そうりょうきせい)は、もともとは1990年に大蔵省(今の財務省に当たる国のお役所)から銀行などの金融機関に行われた行政指導であって、当サイトで行っている個人のローンに対する総量規制とは別のものだったんですよね。

これは、経済政策として行われたもので、不動産融資に関するものだったようです。。。

では当サイトの「総量規制対象外」で言っている総量規制とはどういうものなのでしょうか?

それは、賃金業の適正化のために、2010年に改正された賃金業法上の話で、このときグレーゾーン金利の廃止であったり、さまざまな法改正が行われた中のでの一つであって、個人の過剰な借り入れを抑制するために、

「1社で50万円、又は他社と合わせて100万円を超える貸付けを行う場合には、源泉徴収票等の提出を受けることを義務付け、年収等の3分の1を超える貸付けを原則として禁止する。」
というものです。

これには、例外もいくつか存在しますし、その対象も賃金業であるため、銀行が個人に融資するものは【総量規制対象外】となるわけなのです。

イオン銀行(その2)

  • 投稿日:
  • by
ちょっと借りたり、返したり・・・イオン銀行のカードローンは自由自在です!
申し込みはカンタン☆インターネットで好きな時に申し込めるし来店不要です♪

イオン銀行の住宅ローンは固定金利特約締結手続き無料!
一部繰上げ返済手続き無料!

変動金利から固定金利への変更や、固定金利特約期間の再締結が手数料無料で行えます★

さらに住宅ローンの返済元金50万円以上の一部繰上げ返済も手数料無料で行えます☆
分な出費を抑えてスマートに借り入れできるのはイオン銀行の住宅ローンだけ♪
新規借り入れにも住宅ローンの借り換え資金目的でもしっかり対応します!

万が一の時でも安心の8疾病保障付き住宅ローン商品も用意しているのでチェックしてみましょう☆

ホームページには返済額シュミレーション、借り換えシュミレーションを用意しているので返済計画に不安がある方でも安心して利用できます♪

他にもフリーローン、教育ローン、ソーラーローン、リフォームローン、様々なサービスがいっぱい☆