私の住宅購入と住宅ローン選び物語

  • 投稿日:
  • by
"自宅購入時に住宅ローンを組みました。
私が住宅を購入したのは、実家から離れたところに仕事が決まった後のことでした。
借入する際に、どちらか金融機関の希望があるか聞かれましたが、特に取引のある銀行などなかった私は
購入会社に紹介していただいた東京三菱UFJ銀行でで借り入れを組みました。
その他にも指定銀行は、みずほ銀行などもありましたが、東京三菱UFJ銀行を選択しました。
家賃程度の返済を考えて購入した私は、出来るだけ月々の支払額を少なくしたかったこともあり、長期間(必然的に35年)の借入ということになりました。
しかし、悩んだのは金利です。変動金利と固定金利にどちらにするかで悩みました。
近年は固定金利でも最低のラインということで、今後を考えるとこの金利も上がってしまうと何年か後はこの金利では借りられないとの説明もありました。
しかし、それ以下になっている変動金利は更に低い金利で惹かれました。最終的に私は、少しでも安くしたい思いで変動金利にしました。変動金利の年数は3年固定の変動金利にしました。毎月返済が始まり思うことは、35年間続けることの大変さをかんがえると出来るだけ早く完済したいという思いへと変わりました。これからの生活の変化次第や金利の変動によっては金融機関やプランの見直しも、もちろん必要だと思います。町の信用金庫からも見直しませんかとダイレクトメールが入っていますし、その内容を見ると今後見直すことで得られる効果もありそうです。一番いい形で住宅ローンと今後も付き合っていきたいです。


"
自宅購入時に住宅ローンを組みました。
私が住宅を購入したのは、実家から離れたところに仕事が決まった後のことでした。
借入する際に、どちらか金融機関の希望があるか聞かれましたが、特に取引のある銀行などなかった私は
購入会社に紹介していただいた東京三菱UFJ銀行でで借り入れを組みました。
その他にも指定銀行は、みずほ銀行などもありましたが、東京三菱UFJ銀行を選択しました。
家賃程度の返済を考えて購入した私は、出来るだけ月々の支払額を少なくしたかったこともあり、長期間(必然的に35年)の借入ということになりました。
しかし、悩んだのは金利です。変動金利と固定金利にどちらにするかで悩みました。
近年は固定金利でも最低のラインということで、今後を考えるとこの金利も上がってしまうと何年か後はこの金利では借りられないとの説明もありました。
しかし、それ以下になっている変動金利は更に低い金利で惹かれました。最終的に私は、少しでも安くしたい思いで変動金利にしました。変動金利の年数は3年固定の変動金利にしました。毎月返済が始まり思うことは、35年間続けることの大変さをかんがえると出来るだけ早く完済したいという思いへと変わりました。これからの生活の変化次第や金利の変動によっては金融機関やプランの見直しも、もちろん必要だと思います。町の信用金庫からも見直しませんかとダイレクトメールが入っていますし、その内容を見ると今後見直すことで得られる効果もありそうです。一番いい形で住宅ローンと今後も付き合っていきたいです。

わが家の長男は昨年の春から大阪の私立の大学に通っています。

授業料だけで年間約100万円かかりますので大変な金額なんです。

それに一人暮らしですので生活費に月10万円はかかります。

これは本人が奨学金制度を利用し、借りていて将来は自分で返済するようにしています。

しかし問題は授業料です。4年間で入学金を合わせれば450万円は一人当たりかかる計算です。

子供のころから学資保険に加入していましたが、この金額すべてをまかなえるほどお金はでませんでした。

最初は学資保険で払いましたが2年目からは自分たちでお金を用意しなければならず大変でした。銀行からの教育ローンを組んでなんとか授業料は払いました。しかしまた問題が発生しました。

年子の次女がこの春国立大学の受験に失敗し、急きょ私立大学に入学することが決まったのです。

国立大学は地元でしたので、家から通う予定でした。

授業料も半分でしたし、まさか私立の県外の大学に入学するなんて想定外でしたのでまったくお金を用意していなかったのです。

また、銀行から急きょ教育ローンの手続きをしましたが、今度は私の収入が少なくなかなか申請がおりませんでした。

パートでしたが正社員に登録しなんとか銀行からお金を借りることができ安心しています。

しかし二人の子供を私立の大学に通わせるのは本当にこれからが勝負なんです。

夫婦二人で借金したぶん卒業したあともずっと教育ローンは残り払い続けることになるでしょう。

頑張って働いて少しづつでも返済していきたいですね。

家を出て行くために多額の資金が欲しい

  • 投稿日:
  • by
○今すぐにでもお金がほしいと思ったことはありますか?
お金が欲しいのはいつもありますし、現段階でも多額の資金が欲しいと思っています。この世界はどうしてもお金が無いと何も出来ませんので困ったことです。

○それはどのような場合で、どう解決しましたか?
自分の土地と家を持ちたいという目的があって、どうしても多額の資金を必要としています。今は家族と同居という形で暮らしているのですが、いつまでもここに留まっていられないと考えているのです。しかしなかなか貯蓄が進まないという現実に直面しています。仕事は一応それなりにやっているのですが、思わぬところで出費が出てきたりして、支出のほうが上回ってしまうのです。仕事をすると言っても自分にできる仕事は限られてくるのですし、やきもきとした感じがします。
ということで、いま自宅脱出計画の問題を解決するには至っていないのが実情です。今年は出て行くのは無理なことで、たぶん来年も実行できるかはわからないという気がします。なんとかならないものかと思います。

○お金を借りたことはありますか? 
お金を銀行カードのキャッシングで借りたことはあります。返済がなかなか進まないなと不思議に思っていたのですが、ネット通販を利用するときに、リボ払いをいつも選んでいたのです。それでリボ払いは借金がどんどん増えて減らない仕組みだということに気づきました。数万円と少額なのですが、事実上の借金となっています。

昔は、金融会社と言えば、怪しい会社が多く、厳しい取りたてや怖い人がたくさんいるようなイメージが大きく、決して利用してはいけない、そんな場所のような気がしていました。

しかし、最近では、そのようなイメージも薄れつつあり、さほど抵抗感がないという感想が正直なところです。街にあふれる無人の店舗を初めとして、テレビのCMでも有名人が普通のCMと変わりなく宣伝を行っている事で、昔のような暗いイメージを一新させているようにも思えます。

また、店舗に行く事に抵抗のある人でも、ネットのみで審査の申し込みから借り入れまで行う事ができるといった点も、使いやすいイメージになった理由の一つだと思います。急にお金が必要になった時、自宅や会社から簡単に申し込みを行って、お金を借りる事ができれば、助かる事は多いと思います。

私も、今まで金融会社を利用したことはありませんが、もしもの時は利用する事があると思っています。今までなら、親に頼み込んで借りていたようなお金でも、これほど気軽に、また、銀行のように借りる事ができるイメージなら、なんの抵抗感もなく借り入れを行う事ができると思うからです。

だからと言って、大金を借り入れする事は、やはり、抵抗があります。その為、もし、利用する事があったとしても、十万円程度。翌月から無理なく返済する事ができる程度にすると思います。

また、決して、利用する事が日常化にならないように気を付けながら利用するように心がけると思います。

借金をしてでもお金が必要な事情・状況

  • 投稿日:
  • by
カードローンや信販会社等のCMでは「ご利用は計画的に」と注意を呼びかけているくらいですから、借金をしないに越したことはありません。
そうは言っても、借金をしなければならない事情というのは長い人生の間にどうしても出てきます。

住宅やクルマの購入でローンを組むというのはよくあることですし、特に住宅の購入はローンを組まないと難しいでしょう。

それ以外のケースで止むに止まれず借金をしてしまうとなると、本当に安易であり絶対に真似はして欲しくないのですが、仕事を失って収入が絶えてしまい仕事もすぐには見つからず、止むを得ず生活費を工面するために自分が持っている銀行系カードローンやクレジットカードのキャッシングの枠で借金をしてしまうという事態です。

本来であればカードローンやクレジットカードのキャッシングの枠は、仕事も持っていて安定した収入があるという「信用」に対して金融機関や信販会社が認めたものですから、仕事を失った状態で借金をするというのは言語同断ですが、そういうことをしてしまった人は少なくはないと思います。

しかし、借りたものは返さなければなりません。

勧める訳ではありませんが、もしそういう状況になってしまった場合借金は傷が深くならないように1回限り、少額、せいぜい100,000円程度に留めて出来るだけ早目に定職を見つけ、定職が見つからない場合にはアルバイトでも何でもいいからとにかく仕事をするべきです。

100,000円を越えて借金をつくってしまうと、利息がかさんできます。

更に注意しなければならないのは、1度借金をしてしまうと感覚がマヒして借金に抵抗が無くなり、その結果多重債務に陥ることが最も怖いケースです。

くれぐれも、ご注意を...

私は比較的気軽に借金をしてしまう性格なのですが、最も大きな利用目的の一つが急な新商品の発売になります。私の趣味の一つにゴルフがあるのですが、中空シャフトや高品質なカーボン製のゴルフクラブが発売された時に、どうしても欲しくなって借金をしてしまうのです。

わざわざ借金しなくとも商品登場の段階で貯金すれば良いとお考えの方もいるかとは思うのですが、現実にはそうはいかないケースもしばしば存在するのです。

と言うのも、私は雑誌やメールマガジンなどで情報をキャッチしているのですが、商品登場から発売までの期間が短く、急にお金を用意できない事が多い事が多いのです。これが借金への大きな要因だと言えるでしょう。

次に出てくる疑問の一つが、お金が貯まるまで購入を控えるべきではないかという点です。

確かに、こういった意見は常識的には筋が通っているように見えます。ですが、働いていると、欲しいものが手に入らないというストレスは想像以上に大きなものですし、私自身の考え方が、そのストレスが仕事の成果に悪影響をもたらし、ひいては収入自体に影響を及ぼしてしまうかもしれないという思想である為に、こういった見地からも借金を避ける事ができないのです。

なお、借金というものは返済が付きものですが、収入が確保されている以上は総量規制制限内の借金は実質大きな負担とはなりえません。よくある自己破産や任意整理などの債務整理行為を行う人は、住宅ローンなどの対象外の負債を負っているか、失業された方のどちらかがほとんどです。趣味程度の借金で破綻を招いてしまうリスクはほとんどありませんから、趣味で借金をする事は仕方がないものだと考えています。

現金がないと生活が出来ないというのは、世の中の常識ですが、お金がなくても銀行からお金を引き出すことは出来るのです。
お金を貸して欲しいのは、今現在で太陽光発電の設備投資を進めています。

総額、約160万円の投資になりますが、銀行がお金を貸してくれるのかどうかを審査しているところです。
もし銀行が融資してくれない場合は、銀行系信販会社、もしくは設備投資専属投資会社に借りる予定です。
お金と言うのは不思議なもので、お金がある場所には当然のようにお金が入ってきますが、ない場所にはなかなかお金が回ってこないのです。

今回の話も、融資が通らないとなると設備投資の話自体がなくなるという、本当に滑稽な話になってしまいます。
ローン会社にしても銀行にしても、お金がない場所にお金を提供出来るように、もっと頑張って欲しいですね。

今、現在、すぐにお金が必要な人は日本にはたくさんいてるでしょう。
そんな人にこそ、お金を回すというのが、これからの日本の再建に必要不可欠になってくるでしょう。
お金に振り回される人生から、解放されることを祈っています。

急な出費や、万が一の時お金を借りるためにカードローンを申し込んでいる人は多いのではないでしょうか?主婦や学生、OL、サラリーマン等の幅広い人たちがカードローンを利用しています。

カードローンの種類は沢山あるので、初めて利用する人は何処のカードローンを利用していいか分からないと思います。カードローンには金利や、便利さ、特典やキャンペーン等の違いが沢山あります。そんな中、数多くの人が利用している人気の「住信SBIネット銀行カードローン」を紹介したいといます。

カードローンを利用するほとんどの方が、利息を一番気にするでしょう。「住信SBIネット銀行カードローン」は「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の2種類があり自分にあったコースを選ぶことができます。

「スタンダードコース」の金利は年14.3%、「プレミアムコース」の金利は年3.5%~10.0%と2コースとも低めに設定されているので安心して気軽に利用することができます。2つのコースはご利用限度額が違っていて、「スタンダードコース」は限度額最高100万円、プレミアムコース」は限度額最高700万円となっています。

「プレミアムコース」は700万円とかなり高めに設定されているので、まとまったお金が必要な方や、多く利用する方も安心して使うことができます。

また、【SBI 証券口座保有登録済のお客さま】【当社住宅ローン残高があるお客さま】の所定の条件を満たせば基準金利より、年0.5%引き下げをしてくれます。

金利がかかって嫌だと言う方も「住信SBIネット銀行カードローン」は最大2ヶ月の無利息キャンペーンをしているので、利息を気にすること無く安心して利用できます。

「住信SBIネット銀行カードローン」はWEBサイト、モバイルサイトでお借入れができるので非常に便利なカードとなっています。また、コンビニにあるセブン銀行・イーネット・ローソンATMでも利用することが可能です。

我が家は、夫婦で自営業を営んでいます。
店舗営業をしているため、店の売り上げが上がらないと、家計にも直に影響し、生活が苦しくなります。

かといって、売り上げが無くお店を開け、お客様を待つだけでも電気代、燃料代は自然とかかります。

こういった見えない経費がかかるため、正直夫婦で別の仕事をした方が...と、考えてしまうこともあります。

こんな感じで、生活していくのにも毎月一苦労です。
月給者のようにまとまった給料が入る訳ではないので、その日暮らしみたいなものです。

各種の支払いも滞らないよう、締め日ギリギリでいつも支払ったり、振り込んだりしています。

生活費も食費などにお金をかけられません。

どうしてもお金が必要になったら、即日融資の銀行提携のクレジットカードでお金を借り入れしています。

必要な分だけすぐにお金が手に入るので、いつも助けてもらっています。

支払いも利息はかかりますが、少額から返済できるので、この仕組みにも感謝しています。

我が家は、生活出来なくなりそうになったらこうやってお金をとりあえず貸して貰ってしのいでいます。

突然の出費の対応も普段から考えておこう

  • 投稿日:
  • by
急に不幸があって遠方まで行く旅費や滞在費が必要な時はまとまったお金が必要です。

あと車や電化製品など生活するのに無くてはならないものが壊れた時、早急に購入しなければいけません。そんな時もまとまったお金が必要になります。

そんな時のために貯金をするのですが、出費が重なって貯金がない時もあります。

身内に借りるという手もありますが借りを作ると後々面倒なことになるので、できれば自力でなんとかしたいです。

どうしてもお金が必要となったら金融機関から借ります。

もちろん借りたら返済しなくてはいけないので、なるべく金利が抑えられるものを選びたいと思います。

まず銀行系のローンで申込みます。

最近は銀行系でも早急に貸してくれると聞きますのであたってみる価値はあると思います。

そこまで待つ時間がないときで、すぐに返済ができる状態なら消費者金融でもいいと思います。

会社によっては無利息期間のあるローンもあるので、そういうものを上手く利用してみるのも手だと思います。