総量規制対象外のローン

地銀でローンを組んで中古住宅を購入!

地方銀行から借金をしたことがあります。ローンを組んで中古住宅を購入するためでした。頭金はある程度用意しましたが、やはり、ローンを組まないと無理でした。

 

家も購入するには、ある程度まとまったお金が必要ですが、それは返却できる金額であることと、返済見通しがキチンとあるのならば、銀行からお金を借りることは悪いことではないと思います。

 

我が家の場合、借家分の家賃と同額位の返済額でしたので、他で借家を借りる位の毎月のローン支払いなら何とかなると想定して、銀行から借金をすることにしました。

 

5年のローンを組んで五年間で支払える中古住宅を購入したわけですが、 頭金は自分たちで用意して、不足の300万円を銀行から5年ローンで借り、金利は1.2%位でした。

 

給料振込みに使っていたし定期預金もしていた地銀だったので、金利は優遇してもらえ、月々の支払い額は5万3千円位で5年で支払いきりました。

 

夫は60歳で完済予定でしたが、最後の一年間は体調が思わしくなくなり、やはり、それなりにローンの重圧はあったようです。

 

ローンを完済したあとは、夫の緊張感も解けてしまって、体調のこともあったので会社は退職しました。

 

中古住宅なので、思いのほかのリフォーム代もかさみました。

 

柱の一本が完全にシロアリにやられていた箇所があり、白蟻駆除に20万位の出費、トイレのタンク取替え、シャワー設備の交換、ベランダの修復、リビングの壁紙交換と玄関のタイル交換などで総額150万円位余分にかかってしまいました。

 

予測はしていましたが、やはり、中古住宅を自分の好みに直すには、それなりの費用もかかってしまうことを実感しました。

 

それでも、緑が多く環境は静かで、小鳥がたくさんできて滞在してくれ、他では得られなかったであろう住み心地に、私はこの家をローンで組んでまで購入したことを後悔していません。