お金を借りるのは怖い

  • 投稿日:
  • by
私は個人的にお金を借りることは怖いと思っています。

やはり人間には身の丈に合った暮らしというのがあり、それはお金を借りなくても生きていける範囲なのではないかなと思っているからです。

そのように思うのは男性よりも女性が多いのではないでしょうか。

昔から女性が家計の管理をして男性がお小遣いをもらうというのが日本では一般的でした。

女性は家計を管理していたからか現実的な思考を持っていると思います。

しかし、わが家には借金があるのも事実なのです。

わが家の借金は住宅ローンのみです。

家を買って念願のマイホームなどといって浮かれていますが、ローンを払い終わるまでは消してマイホームではないのではないかというのが私の考えです。

ローンを貸してくれた銀行の家のような気がしてしまいます。

しかし、多くのいたって真面目な人たちが当たり前のように住宅ローンを組みます。

なので、みんながやっているからうちもローンくんじゃおうかってなってしまいます。

そんなこんなで、わが家には住宅ローンという恐ろしい額の借金があるのです。

返し終わるまでに35年もかかります。

35年後にはすでに引退して隠居生活をしている年齢です。

正直まともに考えると恐ろしくなる日もあります。

しかし、買ってしまった。

ローンを組んでしまったからには、うまく目をそらし現実と向き合わないようにして生きています。

住宅ローンを組まなければほとんどの人は家も買えないと思います。

なので住宅ローンは許せる借金です。

私が絶対に許せないと思う借金は生活費が足りないとか、ギャンブルで使ってしまったなどの日常的な借金です。

これだけは絶対に手を出してはならないと思っています。