お金を借りるのは怖い

  • 投稿日:
  • by
私は個人的にお金を借りることは怖いと思っています。

やはり人間には身の丈に合った暮らしというのがあり、それはお金を借りなくても生きていける範囲なのではないかなと思っているからです。

そのように思うのは男性よりも女性が多いのではないでしょうか。

昔から女性が家計の管理をして男性がお小遣いをもらうというのが日本では一般的でした。

女性は家計を管理していたからか現実的な思考を持っていると思います。

しかし、わが家には借金があるのも事実なのです。

わが家の借金は住宅ローンのみです。

家を買って念願のマイホームなどといって浮かれていますが、ローンを払い終わるまでは消してマイホームではないのではないかというのが私の考えです。

ローンを貸してくれた銀行の家のような気がしてしまいます。

しかし、多くのいたって真面目な人たちが当たり前のように住宅ローンを組みます。

なので、みんながやっているからうちもローンくんじゃおうかってなってしまいます。

そんなこんなで、わが家には住宅ローンという恐ろしい額の借金があるのです。

返し終わるまでに35年もかかります。

35年後にはすでに引退して隠居生活をしている年齢です。

正直まともに考えると恐ろしくなる日もあります。

しかし、買ってしまった。

ローンを組んでしまったからには、うまく目をそらし現実と向き合わないようにして生きています。

住宅ローンを組まなければほとんどの人は家も買えないと思います。

なので住宅ローンは許せる借金です。

私が絶対に許せないと思う借金は生活費が足りないとか、ギャンブルで使ってしまったなどの日常的な借金です。

これだけは絶対に手を出してはならないと思っています。

子どもが進学を望み、そのためにどうしてもお金が必要になれば借金してでも用立てると思います。

それが親心というものではないでしょうか。

我が家には三人の子どもがいますが、正直教育資金のための貯金はゼロです。

学資保険にも入っていません。

家計が苦しくて貯蓄に回せる余裕がなく、生活するのに精一杯。

そんな状況で子どもが望む教育を受けさせるには借金するしかありませんから。

ギャンブルでの借金というのは許せませんが、教育にかかる借金であれば世間の理解も得られやすいのではと思います。

実際子どものため、銀行でお金を借りました。

それは自動車学校に通わせるための借金でした。

田舎は車が足代わりで、車がないと生活できません。

車の免許を取ることは必須なので、どうしても必要なお金という事になります。

親としてその程度の金額も用意出来なかったことに関しては、恥ずかしいことですし情けなく思ってます。

だから尚更、子どもに不憫な思いだけはさせたくないと思うのです。

子どものために背負う借金は、親としては仕方がない借金ではないでしょうか。

子どもに贅沢をさせようとは思いませんが、せめて人並みの生活はさせたいというのが親心。

長男は大学には行かず就職しましたが、下の子が進学したいといえばきっとまた借金することになると思います。

決して子どもを甘やかすつもりはありません。

ただ、親の経済事情が子どもの将来に影響するようなことだけは避けたいと考えます。

人というのはお金を借りないといけないというときがどうしてもあるでしょう。

お金を借りるということは長い人生を踏まえると、どうしても避けられないような場合があると思います。

避けるのが難しいという意味ではお金を借りること自体は悪くないと思いますし、消費者金融や銀行などから借りる場合には、会社側も儲かるわけですから、良いのではないでしょうか?

私がお金を借りるような機会があるとしたら、それは車を購入するときでしょうか。

現在、車は持っていませんが、もし車を買うとしたら国産のものは恐らく買わないと思います。

どうしても外車の方が格好良いと思えてきてしまうので、ある程度値が張るものを購入したいのです。

しかし、私の場合にはそういった高級車はローンを組まないと借金ができませんから、借金をするということになります。

借金をしないでも、ローンを組まないでも買える車はありますけど、そういう車は欲しい車ではないため、欲しくない車に多くのお金をつぎ込むのももったいないかな?と思えてきてしまいます。

だからこそ、お金を貯めてローンを組まずに欲しい外車を買うか?その前にローンを組んで、借金をして欲しい外車を買うか?悩むところですが、後者をとる可能性もあるでしょう。

高級な外車であればローンを組んで買うという人も珍しくないかもしれません。

どうしても欲しいものがあるときには借金をしてでも買うというのはよくあることなのではないかな?と思います。


ギャンブルでの借金は絶対に許せない!

  • 投稿日:
  • by
私は銀行からお金を借りることに関して抵抗はありませんし、実際我が家では銀行からお金を借りたことがあります。

それは家を建てたのはいいけれど、庭がほったらかし状態でまるで廃墟のようになってしまったので、庭造りの資金のために借りたお金です。

100万円借りました。今後も子供の教育資金のための借金を考えています。

ギャンブルや交遊費のための借金は絶対に許せませんが、子供のための借金ならばどの親も許せるのではないでしょうか。

子供にはお金がかかります。奨学金も借金です。そしてそれは子供自身が背負っていく借金でもあります。

親の心情としては、社会人としてのスタートと同時に返済が始まるという状況はできれば避けたいし、そのための借金ならば多くの親は背負う覚悟があると私は思います。

ギャンブルで借金地獄という話をよく聞きますが、これは人として許せませんよね。我が家の場合庭造りのために借りたお金ですが、返済には苦労しました。昨年やっと返済が終わりホッとしているところです。

でもこれから先、子供の進学のことを考えると我が家の経済状況からして、親としては情けないことですが、また銀行に頼ることになるのは明白です。

奨学金でも足りないと思います。消費者金融に手を出すことを思えば、銀行からの借金というのは固いと思いますし、審査基準が厳しい分、逆に安心感もあります。

人としてやってはいけない借金、親として仕方なくする借金。同じ額を借りるにしてもそこには大きな違いがあると思います。

手術費のために仕方なく借金をしました

  • 投稿日:
  • by
貯金は少しはありました。でもまさかそんなにも莫大な手術費が必要になるなんて、思いもしなかったのです。父が病気で入院しました。あまりにも突然の事で、家族みんな驚いています。私は兄と妹とお金を出し合ったのです。

でも全然足りませんでした。こんなにもお金がかかるものだとは思いもしなかったのです。でもなんとかしないといけません。必要なのですから。

そんな時私の提案で、銀行からお金を借りました。これしかないと思ったのです。手術は必要なのです。手術を受けないと父が元通りの体には戻れないのです。まだまだ父は若いので、また以前のように元気になってもらいたいのです。

借金を初めてしました。借金というと、とても聞こえが悪いですが仕方がなかったのです。ギャンブルではありません。欲しいバッグがあるという事でもないのです。父のための借金なのです。

私はそうでもしないと父のためにお金を用意する事はできませんでした。兄も妹も、同じように銀行で借金をしました。それぞれがお金を借りたのです。
働いて返せばいいのです。お金なんて何とかなるものなのです。でも父の体はほっておいてmも何も変わりません。だから私は借金をしました。これが最初で最後になると思います。

誰がきいても許せる借金だと思います。許せない借金というものは、贅沢のためにするものだと思っています。我慢すればいいのにできないから、借金をするのです。

だから私のする借金は、許せる借金なのです。

銀行の役目と銀行をうまく活用すること

  • 投稿日:
  • by
親から引き継いだ個人商店を経営していますが、掛け売り、掛け支払いをしていることもあり、創業当時から近くの銀行と取引がありました。昔は3行の銀行と取引がありましたが、現在では一つの銀行の集中しています。当座預金のほか普通預金、定期預金も取引しています。

かれこれ自分で事業をやり始めてから20年くらいになりますが、銀行からお金を借りたのは数回にとどまります。それもかなりおおきな金額を借りることになったのは事務所の建て替えに為に借りた時だけで、あとは事業資金の短期融資にだけでした。

長年の取引関係があるのですが、銀行は金利が低いこともありますが、融資を受けるまでかなり面倒である印象は否めません。その為に大きな金額でなければ自分で都合しようと考える方が多く、ほとんどの場合それで大丈夫でした。

長年、銀行と取引しているとわかりますが、景気の比較的いい時には融資を探して回っているという印象を受けますが、景気が悪くなってくると融資の回収や融資を渋るということがよくわかります。

銀行の方針であるかもしれませんが、本当の銀行の業務は不景気な時に融資を行い、景気がいい時にはなお融資を行うことでしょう。銀行と言えば保守的な営業態度を思い浮かべますが、日本の未来をしっかりと支える為にも保守的な融資ばかりではなく革新的な融資もしっかりとしてほしいと考えます。

自分ももう少しうまく銀行を活用することを考えなければならないでしょう。

賢くムリなく銀行でお金を借りる方法

  • 投稿日:
  • by
一般的に「銀行でお金を借りる」=(イコール)所謂「借金」ですが、私のイメージで一番に先ず上がるのは住宅ローンです。それ以外では教育費のローン、車のローンなどでしょうか。これらの理由で銀行からお金を借りる事に関しては、私は特に悪いイメージはありません。特に住宅ローンは一般的な借金で、私の身近でも何人も銀行から借りている人はいます。

ただそれ以外で銀行からお金を借りることについては、あまり身の周りで例を知りません。事業の資金を借りるなどでしょうか。中小企業は借りるまで、中々ハードルが高そうに感じます。

個人的な他の理由(生活費の不足・個人的な借金など)では、あまり簡単に銀行はお金を貸してくれるイメージはありません。私自身、最後の理由で銀行でお金を借りる事に対してのイメージは、あまり良くありません。住宅ローンにしろ、他の理由で借りるにしろ、今銀行は超低金利なので、借りる側からしたら良い状況なのでしょうね。

私が許せる借金は、上記した理由による真っ当なお金の使い方による借金です。ただ身の丈以上の家や車を買って、高額の借金を組むのは許せません。幾ら低金利とはいえ、何十年借りるともなれば金利だけでもかなりの額になりますから。あとはギャンブルなどによる借金も絶対に許せません。

私自身が実際に銀行でお金を借りた経験は、住宅ローンです。金利の安い銀行を探して借りました。そして途中で、更に金利の安い銀行へ借り換えもしました。今はもう借りていませんが。

消費者金融でお金を借りるより、銀行でお金を借りる方が安全な感じはします。ですが、むやみに安易に借りるのは避けたいと思っています。もし借りる時は、金利の安い銀行で、出来るだけ短期間で返済していきたいと思っています。

みなさんもこれまでに借金をした事があるという人もいるかと思います。れは私も同じで私はこれまでにいろんな所から借金した事があるのですが、の中でも特に私が安心して借金できたのはやはり銀行から借りた時でした。

なぜなら銀行から借金すれば消費者金融みたいに悪質な金利でお金を借りてしまうという事もないからです。ですから、借金をするならやはり消費者金融よりも銀行の方が良いと思いました。

実際に私はこれまでに名前も聞いた事もないような消費者金融からも借金した事があったのですがその時にすんなり借り入れの審査に通ったのが良かったのですがその時に法外な金利で借金をする事になってトラブルになりそれ以降は知らない消費者金融から借金をしなくなりました。

ですが銀行から融資を受けた時はそういう悪質な事もなくて本当に良かったです。すから、これまで銀行から借金をする事に抵抗があったという人は今後借金する機会がある時はそこまで借金を恐れる事もないです。

少なくともどこの馬の骨かも分からないような消費者金融から借金をするよりはずっと良いです。でも中には銀行から借金をするはハードルがかなり高いと思って最初から銀行から借りる事を諦めてしまっている人もいるかと思います。

ですが、そういう人も銀行に融資を受けてもらう事をおすすめします。ぜなら今の時代の銀行は個人に貸し付けるのも積極的にしているのでほどの事がない限り融資を受ける事ができないという事もないからです。

わたしは基本的にお金を借りることに関しては消極的な考え方をもっています。さまざまな買い物、例えば自動車や大型家電、家具であってもローンを組んだこともありません。

すべて現金で支払ってきました。さすがに4年前に購入したマンションに関しては現金一括で支払うことはあり得ませんので住宅ローンを組みました。
しかしながら、繰り上げ返済は3年に1度のペースで行うつもりです。こう考えると銀行の借金は本当にこの住宅ローンくらいのものです。

なぜこれほど、銀行からお金を借りないかといえば、ずばり金利を支払うことがもったいないからです。この低金利の時代、預金に対してはほとんど金利がつかない状態でお金を借りれば、相当の金利をとられることがわかっています。

どんな融資を受けるにしても、総額支払金額を考えた際にはかなり高くなってしまうのは心外だし、納得できないというのが個人的な感情です。

ですから今まで銀行から借りているのは住宅ローンだけになっているわけです。

これからも同じような考え方で銀行とはお付き合いですが、お金を借りてもいいなと思うのは例えば、新規でビジネスを起こす場合、そして結婚資金といった本当にやむない場合のみになるでしょうか。

銀行でお金を借りることは決して悪いことだとは思いませんが、お金を借りる際の名目、内容によっては感心できないなと思います。これも個人の考え方次第ですが、わたしはこれからも変わらないと思います。

天国と地獄の銀行からの借り入れ

  • 投稿日:
  • by

私は2度大きな借り入れを銀行からしました。
一度目は地獄の借金。
二度目は天国の借金。
一度目は、まだ社会人になって3年目の頃に父親が脳卒中で倒れてしまったのが始まりでした。
父親が倒れて検査した結果、腹部の癌が頭部に飛んで生じた脳卒中だったことがわかり、そこから闘病が始まりました。
初めは余命が半年ほどと言われたのも有り、家族全員で思い出作りや食べたいと言った物を買ってくるなど異常なほど甲斐甲斐しく看病をしていました。
でも父は予想に反して2年もの長き間を頑張りました。
半年だと思っていたので、それ以上の費用は無く最初は消費者ローンから借りては返しを繰り返してたのですが、まとまった額が無いとどうしようもなくなってしまったので、私が上場企業に勤めていたのもあり銀行でおまとめローンをしました。
その額は400万にもなりました。
これが地獄の始まりでした。
400万あっても、父親は保険も入っておらず、入院費や母親の生活費などであっという間に無くなり父が死を迎える直前には、もうこれから先どうすればいいんだ状態になってしまいました。
父が死んだときは、逆に無事逝かせられたと安堵しました。
でも待っていたのは払いきれない借金。結局は自己破産をすることになりました。

それから20年。
私も40になり結婚をして子供を授かり借金もまったくしないでいました。
妻から子供も出来たことだし、一戸建てを買って引っ越さないかと提案されました。
破産から10年もたったころにはカードも持てるようになってはいたものの、家を購入することはできるか?と一瞬不安がよぎりました。
銀行に出向いて相談したところ、職業も安定していて何も問題なく借り入れができることが判明しました。
この家を購入する借金こそ天国の借金だと思いました。

この経験から、一度目は先が見えない、もがいて、なんとか長引かせるためだけの借金だったなと思います。
借金に借金を重ねる人がだいたいこのパターンが多く、借金の原因になる事柄が継続していたり辞められなかったりで
負の要素が無くならないのが起因する借金が一番地獄です。
二度目の借金は、事前にライフプランナーなどとも話し、計画性もあり、完済までの道のりも、なにかあった時の対処(団信)もある借金。
負の要素が継続して発することも無い計画性のある借金が天国な借金だと結論づけました。