総量規制対象外のローン

総量規制対象外とは?

総量規制対象外を説明する男性

「総量規制」とは、2010年6月18日に完全施行された改正貸金業法において定められた、「借入総額が原則として年収等の3分の1までに制限される」というものです。

 

これは、それまで行われていた過剰な貸付を防止するためのもので、対象は「個人向け貸付け」の借入総額となります。

 

ただし、個人向けであっても、銀行(貸金業ではない)からの借り入れや事業用資金として借り入れる場合のローンについては、総量規制対象外となります。

 

カードローンのメリット

総量規制対象外の銀行ローンは低金利で借金出来る

銀行ローンは低金利での借り入れが可能になっています。

 

消費者金融と比較してもカードローン審査が通りにくい傾向にありますが、低金利設定になっており融資枠も広いので、大きな借り入れを行なったり返済が長引く場合は特に有利に借金が可能になっています。

 

返済能力を認めてもらえると審査に通過しますから、審査に通過する為には他社借り入れを整理しておいたり支払履歴を悪くしないように携帯や光熱費などで延滞遅延が無いようにして信用情報を高くしておくと審査に通りやすくなります。

 

どうせ借金するなら低金利の銀行が良い

人生とは一寸先は闇ですので、何が起こるか分かりません。生活費や事業資金などが足りなくなってしまい、金融機関からの借り入れに頼らざるを得ないことも時にはあるものです。

 

そんな借り入れですが、どうせなら少しでも低金利のところから借りるべきだと言えます。そのほうが利息の支払い負担が少なくて済みます。

 

たとえば、消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンとを単純に比較すると、やはり銀行カードローンのほうが低金利な傾向があります。ですからどうせお金を借りるなら、銀行のほうが有利であると言えるでしょう。

 

かく言う私も、今まで何度か大手都市銀行や地方銀行から借り入れをした経験があります。どうして銀行から借り入れをしたのかというと、「色々な金融機関をチェックしてみたけれども銀行が低金利だった」ということが一番の理由です。

 

それに銀行とは、より社会的信用力の高い信頼できる企業ですので、お金を借りるに際しても安心感が高いので気も楽です。その点も、私にとっては大きなメリットでした。

 

ただしメリットの多い銀行からの借り入れだとしても、事前の返済計画が甘いとしたら要注意だと思います。実際、そのような人は私の身近にも時々見られます。

 

お金とは甘い見通しで安易に借りてしまうと、後で返済に苦しむことになりますし、時には金融事故を起こしてしまう危険もあります。

 

ですから甘い計画や無計画でお金を借りるなど、私に言わせるなら言語道断です。そんな借り入れは最初から止めておくべきです。

 

銀行カードローンを契約してから心に余裕が持てるようになった!

我が家は普通自動車を所有してるので、毎年5月に軽自動車より何倍も多い自動車税金を支払わないといけないのですが、去年知人の冠婚葬祭が相次ぎ、貯金が残り少なくなってしまった影響で初めて銀行カードローンを専業主婦の私名義で契約して借金しました。

 

数あるブランドからイオン銀行カードローンBIGを契約しましたが、土曜日12時のネット申込でも即日審査に快く応じてくれ、手続きの仲介を担ってくれたオペレーターも同じ女性だったので不安感よりも心強さが印象に残ってます。

 

銀行カードローンの審査はサラ金やクレジットカードより難関と噂で聞いてましたが、実際に電話確認で聞かれた質問はお金の使い道や夫の月収額のみで、発行が面倒な書類をわざわざ用意しなくて済んだので、家計にイチイチ煩く口出ししてくる夫に内緒で契約締結できたのが何よりホッとしました。

 

実際にカードローンで借金してみた感想ですが、キャッシュカードを使って預金を引き出す同じ感覚で希望金額がコンビニATMで気軽に引き出せるので、これで暫くは夫の給料日まで生活を切り詰めなくて済む安心感と、ギャンブル依存症のようにお金を使い込んで多重債務に陥ってしまわないかという不安感が正直一緒に襲ってきた心境でした。

 

でもカードローンを契約してから、毎月支払う国民年金や健康保険料は滞納せず支払いをきっちり履行できるようになったし、小遣いを前借して脱毛エステや売り切れ必至のブランド服を早く手に入れられるようになったので、日常生活が以前よりウキウキと楽しい潤いのある日々に変化したのは間違いないです。

カードローンの返済方法について

カードローンの返済方法は3つのパターンのどれかに分類されます。
1.コンビニATMや無人契約機のATMで返済をするパターン
2.銀行から振込みをして返済をするパターン
3.銀行口座からの引き落としを設定しておいて、毎月決まった日に引き落としがされるパターン
これら3つのどれかになります。

 

まず、1番多いのは、コンビニATMや無人契約機で返済をするというパターンです。 近年、ある程度便利な場所では、全国どこでもコンビニがあります。 そのため、どこでも支払いが出来るので、利用されることが多いようです。

 

次に多いのが、銀行から引き落としで支払うというパターンです。 これは、毎月、支払いのために出かけるのが億劫だという方は、この返済方法が向いているかもしれません。

 

最後に、銀行口座から振込みを行うという方ですが、こちらの返済方法を選択するという方はとても少ないです。 こちらのパターンを使用するケースというのが、給料が振込みではなく手渡しであるという条件で、近くにコンビニATMや無人契約機が無いというケースに限られてきますので、基本的には、上記の1番か3番での支払い方法ということになります。

 

返済方法はこれらのパターンになりますが、返済日や返済金額はそれぞれ借りている金額によって異なります。 しかし、定額を返済し続けなければならないというのではなく、最低返済額というものが定められているだけで、それ以上の金額を返済することは問題ないので、少ない利息でお金を借りたいという方は、出来るだけ早く返済したほうが良いでしょう。